福祉の研修についての説明

福祉に関する事業に就く場合は、研修を受けることが推奨されています。
初任者用・中堅者用・チームリーダー用と、それぞれの立場に合った講習が行われています。
これらの講習は、職務施設や勤務経験などにより、受講するコースが変わります。
研修は、基本的に2日間で行われます。
初任者用の研修については、新卒者コースと既卒者コースに別れているので、自分に合っている研修を選んで受けてもらう必要があります。
講習を受けることにより、福祉業務の質を上げることができ、事故の発生を未然に防ぎながら入所者により一層気分よく利用してもらうことができます。
また、就労する側の人間もさらに気分よく働くことができる環境を作りやすくなります。